妊娠を求めているなら葉酸の成分を摂取しよう

女性

妊娠中に摂取したい栄養

青空と女性

妊婦の人にとって、胎児や自身の健康のために栄養をしっかり確保していくのは大切なことです。特に妊娠中はカルシウムが今まで以上に必要となり、胎児に吸収されてしまうため、不足すると妊婦の人の骨密度が低下してしまいます。それを防ぐためにも、カルシウムを積極的に取っていかなければいけません。

Read More

妊娠するための準備

音楽を聴く女性

妊活することによって妊娠力を高めることが出来ます。身体に問題がある場合、不妊治療を行わなければ妊娠に至らないケースもありますので、まずは身体の状態を把握するためにも専門クリニックで調べてみるのも良いでしょう。

Read More

妊婦に欠かせないビタミン

胎児の健康に大きな影響

医師

妊娠中の女性は、自らの身体はもちろん胎児の健康を守るため、栄養不足にならないよう普段以上に食生活に気を付ける必要があります。中でも特定の栄養素については、欠乏すると赤ちゃんの成長に重大なリスクを生じかねないものがあるので注意が必要です。その1つが葉酸です。葉酸は水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB群に属します。DNAやRNAなどの核酸を合成するのに欠かせない物質であり、新しい細胞を生み出すのに重要な役割を果たしています。妊娠中、特に妊娠初期にこの物質が不足すると、胎児に神経管閉鎖障害という健康リスクが発生する可能性が増大すると言われています。神経管は胎児の神経中枢をなす組織で、のちに脳や脊髄などに発達します。葉酸欠乏症はこの発達を阻害してしまうおそれがあるのです。

通常時よりたっぷり摂る

葉酸はさまざまな食品に含まれていますが、特に多いのはほうれん草・ブロッコリー・枝豆・レバーなどです。最近ではサプリメントで補給することも容易になっています。一般の成人女性においては、1日につき240マイクログラムの葉酸を摂取するのが望ましいとされています。これは平均的な日本人の食生活を送っていれば達成するのにそれほど難しい数字ではありません。しかし妊娠中の女性に対しては、この2倍の葉酸を摂取するのが望ましいとされています。また授乳中の女性にあっても、妊婦ほどではありませんがやはり多めの摂取が推奨されています。これを達成するには、食事から極力葉酸を摂るとともに、足りない部分はサプリメントで補うという生活スタイルが重要になってきます。近年では妊娠中の女性に向けた「妊活サプリ」なる製品が出回っていますが、今後は葉酸サプリメントもその中に加えられるようになるものと考えられます。

赤ちゃんのために治療する

女性と赤ちゃん

妊娠を希望していても、赤ちゃんができない場合には、京都にある産婦人科で、不妊治療を受けると、良い結果となることが多いです。結婚が遅くなりつつあり、妊娠適齢期を過ぎる人が増えてきていますので、不妊治療を受ける患者数は今後も増えると予測できます。

Read More